« 徳永愛と行く春のぽっかぷく☆ツアー・その1 | トップページ | 徳永愛と行く春のぽっかぷく☆ツアー・その3 »

2007年5月15日 (火曜日)

徳永愛と行く春のぽっかぷく☆ツアー・その2

徳永愛と行く春のぽっかぷく☆ツアー・その2

Tabt1204kawa_1 いつの間にか景色は山の中へ。

ほうとう体験
そうこうするうちに「ほうとう会館」へ到着。
Tabt1205houtoum 入口でほうとう饅頭(を小さく切ったもの)がお出迎え。その場で食べるから美味しいんだろうなあ。
試食して中へ入ります。
でも入ったその建物は素通り。反対側に出ます。出た所に有ったのは

Tabt1206bighoutou
愛ちゃんもその前で写真を撮ったり。
Tabt1207doujyou
おっと、自分もほうとう道場なる建物に入ります。

.

.

.

<ほうとう体験>
さて、愛ちゃんも自分の少し離れた後方に到着してほうとう作り体験開始です。
ここで、粉から打つのかと思ったらそうではなくて、既に練られて一人分ずつ切り分けられた生地の固まりが台の上に。
Tabt1208houtou1_2 短い太缶ジュースほどの薄茶色い固まり、粉、麺棒、包丁が置いてるのでやる事は想像に難しくありません。
はい。基本的にこれを麺棒で延ばして切るだけです。
(でも指導してくれた方は見本を最後までやってくれなかったなあ。一通り通してやってくれれば安心して出来るのに)
まずは粉を台に振って、短い丸太状の生地を寝かせて軽く粉を振り、上から押して適度に四角く潰します。
その後麺棒で菱形に延ばしていき、方向を変えてまた延ばし、対角線で四角く35センチ程度に延ばしていきます。
自分は以前、そば打ち体験でほんの少しだけですが延ばした事があるので、感覚的には楽でした。
そばと違って厚くていいし、そのため破れないですから。
でも愛ちゃんにとってこれは結構力が必要だった様で、後で腕が筋肉痛だと言ってました。
ああ、すぐ側に居たらコツを教えてあげられたのに~。
(って麺棒使うのがたかが2回目で何を思う>俺^^;)
身長の低い愛ちゃんにとって台の高さも苦労の元だったようです。確かに力が入りにくいものね。

生地が適度に広がったら半分にたたみ、半分にたたみ4つ折にして大体1センチ幅に包丁で切っていきます。
Tabt1209houtou2
それを用意してある容器に収納。
包丁に載せて3分の1程度入れます。粉を振ってその上に残りを重ねます。
輪ゴムで止めて味噌の小袋と共に黄色い手提げポリ袋に入れて終了。

Tabt1210houtou3 手を洗ってエプロンを返し、最後に出るときに一人ずつ「終了証」を貰って今回のほうとう作り体験は終了です。あっという間ですね。

<粉が残る作業台

到着時に通過した建物へ戻って、なべが並べてある所へ。
Tabt1211houtou4 野菜が煮込まれたなべの中へ、先ほど自分で切ったほうとうを食べられるだけ入れます。
といっても全部入れると3人前くらいだとの事なので自分は半分弱。
(まあ大体適量でした。全部食べた猛者も複数人いたようですが)
そして味噌を好きなだけ。(ほうとう、というものの味の基準が判らないので困りますがこちらも半分弱にして置いた)
Tabt1212houtou5 数分煮込んで出来上がり。
もちもちっとしたちょっと太目のうどん、という感じですね。

.

Tabt1213houtou6 <お椀にとったほうとう

かぼちゃが煮込まれて溶け込んでいるのもあって、少しとろみがある汁も野菜の味で美味しいです。
到着が遅れたためか、てんぷらが冷めていたのだけは惜しいなあ。(塩で賞味)

食事中、旅行会社の人からバスに到着する時間を指定された時点で「あと30分」だったような記憶が。
食べ終わった人から出て良いのですが、焦る人は無し。出てもおみやげ見てたりのんびりとしたものです。
(ほうとう饅頭はバラで売っていなかったので結局買わなかった。蒸しながら売られてたら買おうと思ってたのになあ。そこは無人でした^^;)

到着指定時間まであと20分。
しかしバスの待つ駐車場までって、そんなに近いの?と思った予感が現実のものになるのは、歩き始めてすぐなのでした。

-------------
その3へ 続く

|

« 徳永愛と行く春のぽっかぷく☆ツアー・その1 | トップページ | 徳永愛と行く春のぽっかぷく☆ツアー・その3 »

レポートもどき 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39913/15087824

この記事へのトラックバック一覧です: 徳永愛と行く春のぽっかぷく☆ツアー・その2:

« 徳永愛と行く春のぽっかぷく☆ツアー・その1 | トップページ | 徳永愛と行く春のぽっかぷく☆ツアー・その3 »