« 徳永愛と行く春のぽっかぷく☆ツアー・その2 | トップページ | 徳永愛と行く春のぽっかぷく☆ツアー・その4 »

2007年5月16日 (水曜日)

徳永愛と行く春のぽっかぷく☆ツアー・その3

徳永愛と行く春のぽっかぷく☆ツアー ・その3

長い散歩・愛の架け橋

食べ終わったらほうとう饅頭などの土産物を買う人は買って、自由に下流のバスのところまで散策。示された到着時間は14:20だったかどうかもう忘れましたがそのくらい。
自分らは愛ちゃんより先に14時前に出ました。

付近は土産物屋さんが何件も有るのですが、「石」を売っている所が多かったです。
水晶とか化石が含まれている石(岩)を置いてあったり。
今回はちらっと見ながら通り過ぎます。
道なりに歩いていくと、そっちは違うよ、と御親切に教えてくれるおっちゃんが右へ向かうように声をかけてます。
(そのまま行くとたぶんぐるっと元に戻るはず^^;)
観光コースとしては、右へ曲がるしかないので間違う事はほぼないはず。
と言う事で滝へ向かいますが、すぐ見かけたのがこれ。
Pic14
滝って流石にこれじゃないよなあ。(^^;
はい、違います。

.

そこからちょこっと歩いて視界が開けると、そこには

Pic15
絵になる風景が。

角度によっていろんな表情を見せるこの滝を写真に収める人が沢山集まっていました。

Pic16_1
そこから下流へ向かいます。

.

.

こんなところを歩いて行きました。
Pic17_aruki 川の岩に比べて人間の小さいこと。
その先では
Pic18miageru この写真で右上の方を見上げる方々
その理由は、





Pic19tsuitenai 岩がくっついていない!

.

.


途中写真を撮ったりしているうちに愛ちゃんに追いつかれます。
結構愛ちゃん達歩くの速いですねえ。自分達もペースアップ(^^;
しかし、言われた時間では全然バスのある所まで辿り着けません。当然です。
この時点でとうに10分以上集合時間を越えてます。

Tabt1220_uma 途中で馬が。動物なので愛ちゃん興味を持ちますね。

力仕事をしているので体格が立派ですねえ。

.

Tabt1221annaizu そして、案内図でやっと自分達がどう歩いてきたのかが判る。
まだざっと半分ですね。この図で左上の分岐点へ向かいます。

.

そうそう、忘れてはいけない。途中こんなのが
Tabt1222ainokakehasi 愛の架け橋

さすがファンの皆さん、これには皆が注目してたようです。

実際の橋はこちら。
Tabt1223hasi

その後は奇岩の看板が次々と。むりやりっぽいのも多いけど(^^;
そんな中でも割と”らしい”のがこれ。
Tabt1224ottosei 写真24 オットセイ岩

.

.

Tabt1225kouen

ここが「秩父多摩甲斐国立公園」だって事を最後に知りました。(^^;

.

.

.

結局、結構な時間を歩きましたね。約70分。
でも愛ちゃんと同じ所を一緒に歩いて同じ風景を見て感じた時間でした。
まあ、すぐ側にいた訳じゃ有りませんけどね。

すっかり遅くなりました。
全員揃ったところで、バスは再び発車。ワイン工場へと急ぎます。1時間弱。

自己紹介の最後がこの時だったのかはもう忘れてますが、
最初に飛ばされたトリ指定の方で自己紹介は締められました。
彼の様に明るく誰とでも仲良く話せる人はいいですね。これからも愛ちゃんを和ませてくださいな。
バスの中の自己紹介は割と早めに終わった感じ。ホテルに付く前に終ってよかった良かった。

-------------
その4へ 続く

UPDATE 20080515 載せていなかった写真を追加(1年ぶり^^;)

|

« 徳永愛と行く春のぽっかぷく☆ツアー・その2 | トップページ | 徳永愛と行く春のぽっかぷく☆ツアー・その4 »

レポートもどき 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39913/15087825

この記事へのトラックバック一覧です: 徳永愛と行く春のぽっかぷく☆ツアー・その3:

« 徳永愛と行く春のぽっかぷく☆ツアー・その2 | トップページ | 徳永愛と行く春のぽっかぷく☆ツアー・その4 »