« <1月の徳永愛ちゃん関連予定> (1/2現在) | トップページ | 今月の雑誌には? »

2008年1月 3日 (木曜日)

プロの歌手ということ

年末に録画した番組で、アニソン歌手の選考と、その優勝者の
レコーディング、初ステージ披露までの映像を観ました。
優勝者が男だったので、実はそんなに興味なかったのですが(^^;

優勝者は歌うのも慣れているし、歌自体もうまかったのですが、
初めてのレコーディングとなると、
今まで表に出なかった「プロ」としての意識と行動がまだまだ
身に付いていないのでそこからトラブルが起こります。
その後、努力の結果、プロデュースした方も納得できるような
歌のレコーディングが完成。
クリスマスイブの試写会でステージ披露となりました。

ただの歌のうまいにこやかな兄ちゃんが、”歌手”になっていく短い
ドキュメンタリーの様な感じでしたね。
あ、これはサイキックラバーが、あか抜けないただの若者二人組
だったのに、曲のヒットで一躍”歌手”の姿になっていったのと
ちょっと似ている気がします。

徳永愛ちゃんがCDデビューした時も自分達が聞いている以上に
きっといろんな苦労があり、それによって「歌手」となっていった
のでしょうね。

人の前で歌うだけなら現代は気軽に出来る時代です。
でもそれは歌手ではない。カラオケと同じです。

歌で人を惹きつける。その歌でひと時の幸せを与えたり心を震わせる。
そんな魅力を持てた者だけが「歌手」となり、
その上できちんとした心構えや準備などの出来る人が本当の「プロ」
となれるのだと自分は思います。
(流行や思惑でCD出して売れてる人も居ますが、
 そういう人は自分はプロの歌手だとは思いません。)
もちろん、人間的魅力が伴っているのが基本条件ですが。

さて愛ちゃんはどうでしょうか?

その答えは皆さんの心の中に有ると思います。
まだ無い方は、2月3日のファイナルライブの中で見つけてください。
愛ちゃんの歌手活動の集大成です。

|

« <1月の徳永愛ちゃん関連予定> (1/2現在) | トップページ | 今月の雑誌には? »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39913/17571077

この記事へのトラックバック一覧です: プロの歌手ということ:

« <1月の徳永愛ちゃん関連予定> (1/2現在) | トップページ | 今月の雑誌には? »