« 20世紀は少年だった・1 | トップページ | ビリー派? »

2008年9月21日 (日曜日)

20世紀は少年だった・2

本日も愛ちゃんとは無関係な日記です。(..)

映画関係者のプロフェッショナルな働きと出演役者の姿を観に行く
ミーハーな行動日記二日目。



昨日お目当ての方が観れなかったので、本日2日目も参加。

今朝は雀の集団が到着してた。いつもより姿を見るのが遅い気が。
夜も虫の天下だし、もう秋だねえ。
とは言え、まだ陽射しは強く、昨日の日焼けで少し熱っぽい顔で今日も出かけます。
休みが全然休みにならない。(^_^;

三時間しか寝れなかったしのんびりしたい…けどダメかもね。
始発に近い電車で半分寝ながら遠い千葉の地へ。

800頃受付して撮影現場に着いたらすぐ役者の紹介が。
あぶないあぶない。(撮影が始まると見れない人も多いので)
高橋幸宏さん渋い。(今回の目的の人です^^;)
女性は主役の唐沢君にキャーだけどね。(確かにいい男だった)

午前中何カットも同じシーンを繰り返してやりました。
役者には集中力と根気が必要ですね。
飽きっぽい俺にはやはり無理だ~。第一セリフが覚えられない(^^;。

今日の撮影は、「客」として培った自分の本領発揮。(笑)
撮影だけどそれとは別に、雰囲気も含め中々楽しかった。
幸宏さんの姿も中々さまになってて。でも視線は基本的に主役へ。(撮影だからね)

今回クレーン撮影や空撮!まで有りました。
クレーンの柱が頭の上にあるとちょっと圧迫感が。(気のせい)
空撮は水蒸気の影響でもう一回撮り直したり。
ヘリコプターを見上げたかった。でも撮影がNGになるからダメよ。

この後また数回同じシーンを繰り返して観客の表情を撮るなどの
予定だったのですが、さっきあったポツポツどころではない、本格的な雨に
なってしまい急遽中断。折りたたみ傘をさす。
主に中央や前などカメラにしっかり写りそうな人たちは、顔を写される事を
期待していたでしょうから残念だったでしょう。
(自分は昨日同様、端の方で埋もれていたからまず写りません。お気楽組)

しばらく準備待ちの後、雨の中弁当をもらって食べる。
でも食べるったって、どしゃ降りの中で食べるのはすごい難儀でした。
屋根の有る所はトイレまで人で一杯で入れないし。
少しでも雨が弱くなる木の下を探し、傘をさしながら3分で食べましたが
雨もちょこっと口に入ってたかも知れませんね。

一時間後の再開予定時間でも雨は弱くなりません。
しかももう足元には水が一杯溜まってます。自分のスニーカーも雨水が
自由に通過しています。(T_T)

程無く、雨なので帰りたい人は記念品を貰って帰っていいですよ、と。
雨が上がったら協力できる有志は残って下さいと、そんな感じのアナウンス。
この雨ですから、多くはさっさと記念品もらって帰ろうとして列を作っていた。

自分は今から並んでも1,2時間は並びそうだなあ~と、
雨が上がったら協力する有志組に。(と言っても雨の中待っているだけ)
この雨の中で待つのが結構辛い。傘は雨に耐え切れず水滴がもれてくるし
ジーンズはびしょ濡れ。シャツも背中が濡れ濡れ。風が吹くと寒い。
晴れたから昨日バッグに入れなかったカッパがあれば、かなり楽だったろうに。
今日降ると予報されていた雨がこれほどとは思わなかった。

雷が鳴って、静まったと思ったらまた来たり。近くには落ちなかったけど。
木の下でズブ濡れの大学生と話をしたりして待ちました。
山本麻里安のバスツアーでマザー牧場に行った知人のリアルタイム日記で
同じ千葉でも天候の変わり具合は結構違う事を知ったり。

で、待ったけど、結局1440撮影中止決定。
残念。幸宏の姿をもっと見たかったなあ。(後は来年の映画で?)
きっと予定の半分も撮れなかったのではないかしら?

更にしばらく待つと案内が。
有志組だけ別の場所に誘導されて引換券と記念品交換。
ほっほっほ。主催者の意向には沿っとくもんだね。
まだまだ長~い一般列に並ばないで済んだ上、そちらではもう既に
無くなってた”希望のもの”が貰えたから。ラッキー!(^^)

で、16:14発の電車に乗り帰路に着いた訳ですが、ジーンズも尻まで
びしょ濡れ(砂付き^^;)なので座れない。
つらいわ。そして当然寒い。冷房切ってくれ!JR東日本!
そしてホームの自動販売機には「冷」しか無い。orz
暖かさプリーズ!
風呂入りたい。

途中下車してマクドナルドでホットコーヒーとフィレオフィッシュを注文しちゃいました。
(コーヒー120円、フィレオフィッシュ100円*2 (17時以降だから100円))
ホッと一息付いてから帰りましたとさ。
(席にはそっとゴミ袋を敷いて座った^^;)

.
[キョロロ日記]
いやー、天気の変動を侮っていた。
天気予報を盲目的に信じてはいけないと思っていたのにこのていたらく。
帰って風呂入って服から靴まで洗って・・寝てました。

午前中はとても楽しかったです。こぶしを上げたり手を叩いたり。
雨の午後は辛かった。屋根のある幸せ! 暖かい、という幸せ。

観客エキストラの事より”雨は辛いよ日記”になっちゃいました。
お天気バンザイ!!

|

« 20世紀は少年だった・1 | トップページ | ビリー派? »

キョロロ日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39913/42522312

この記事へのトラックバック一覧です: 20世紀は少年だった・2:

« 20世紀は少年だった・1 | トップページ | ビリー派? »